保険相談で騙されないために必ず聞きたいたったひとつの質問とは?

1つの質問 生命保険の選び方

無料で行われることが多いFPによる保険相談ですが、中には利益重視のFPに騙されてしまう人もいます。

自分の相談したい内容とは違った保障内容の保険に加入させようとしたり、FPの収益になりやすい保険に勧誘したり、どのケースもFPの話術にはまって騙されてしまう、なかなか見抜くには難しい問題です。

このように、せっかくの保険相談でFPに騙されないようにするために、必ず聞きたいたったひとつの質問をご紹介します。

この質問は、保険業界に18年いる私の周りにいる実際のFPの営業活動などを観察した結果、わかったことですので、かなり信ぴょう性が高いものと感じていますので、絶対に覚えておいてください。

あなたが加入している保険を教えてください

すぐに答えられないFPなら保険相談は途中でもやめる

「あなたが加入している保険を教えてください」という質問はかなり効果的で、収益重視で相談内容に関わらず提案したい保険商品を決めて保険相談にのぞんでいるFPは、この質問で少し動揺することでしょう。

このようなFPは、相談者には利益重視のものを提案し、自分ではコスパのよい保険に加入しているケースが多く見られます。

ですから、あなたに提案しようとしている保険と比べて全く異なるような保険にFP自身が加入しているようであれば、なぜその保険に加入しているのかを説明しにくくなります

もしあなたがこの質問をしたとき、すぐに質問に答えられないFPなら、すぐに保険相談をやめたほうが良いでしょう。

なぜFPが加入している保険と提案される保険が違うのか説明できないときも保険相談をやめる

もちろん、あなたに提案する保険が必ずしもFPと同じものになることはありません。

FPの人生とあなたの人生は異なるからです。

しかし、この質問をされたFPが、その「違い」を説明することができなかったり、納得できない説明をしたりした場合、あなたとの保険相談の場を自分の食い物にしようとしている可能性があります。

ですから、この質問をしたときは必ず相手の顔色の変化や言葉をしっかりと観察するようにしましょう。

そして、あなたがその答えに違和感を感じたり、不信感を覚えたなら、その保険相談はその場で終わりにすることをおすすめします。

この質問を保険の提案後に聞くことが大事なポイント

この質問は、必ず保険の提案をされてから聞いてください。

あなたに必要だとFPが提案してきた保険は、本当に根拠があるのか。

あなたに必要だとFPが提案してきた保険は、本当にあなたに必要なのか。

あなたに必要だとFPが提案してきた保険は、収益重視で最初から販売する目的だったのではないか。

収益重視の提案が終わったFPは次のことしか考えていません。

それは、手続きの日程の設定、プランの変更などの準備、収益の計算です。

このタイミングで、「あなたが加入している保険はどんなものか?」と質問をされるとは思っていません。

だからこそ、FPの本音が覗けるタイミングでもあるのです。

FPに騙されないようにするためには相談者も勉強することが必要

相談は無料でも保険の契約に至らなければFPに報酬は支払われない

無料の保険相談はボランティアではありません。

FPは、無料で保険相談を行う代わりに、契約となった保険の手数料を保険会社から受け取るシステムになっています。

ですから、保険の契約に至らなければ、FPはただ働きとなりますので、浅はかなFPは収益重視に走りがちになります。

ほとんどのFPは、しっかりとした保険相談ができれば(顧客重視)収益や紹介はあとからついてくるものと認識をしています。

しかし、中には収益重視で最初から相談者を「お金」としか見ていないFPもいることを覚えておきましょう。

収益の大きい保険なかりを提案するFPもいる

相談者を「お金」としか見ていないFPは、収益の大きい保険ばかりを提案してきます。

  • 高額な保険料の保険を無理やり契約させようとしてくる
  • 相談者の意思と異なった保険を無理やり契約させようとする
  • 解約する必要のない保険を無理に解約させて、代わりに新しい保険を契約させようとしてくる

FPの行動にこのような違和感を感じたら、絶対に契約をせずに、必要であれば運営会社にクレームを入れるなどの対応を行いましょう。

クレームを入れること自体は悪いことではありませんし、運営会社も質の悪いFPを通報するようにと約束として決めています。

相談者も勉強しなければ悪いFPに食い物にされる可能性がある

このようなFPに騙されないようにするためには、あなた自身も最低限の勉強をしておく必要があります。

保険相談で、あなたの悩みを解決させるためにFPに協力してもらうことは効果的な手段のひとつです。

しかし、FPをどう利用できるかによって、あなたの求めている効果が得られるかどうかも変わってきます。

自分で勉強をせずに、ずべてFP頼みにしてしまうと、FPに騙されてしまう可能性もあると覚えておきましょう。

まとめ

保険相談は保険の加入や見直しに効果的な手段のひとつです。

しかし、中にはあなたを騙そうとするFPも世の中には存在します。

そんなFPに騙されないためにも、必ず今日お伝えしたたったひとつの質問をFPに投げかけてください。

この質問の答えひとつで、あなたの保険相談の質が変わってきます。

ぜひ参考にして見てください。

保険業界歴18年の現役FPの私がおすすめする保険相談は「FPのチカラ」です。
  • FPを自分で指名できる
  • 経験豊富な保険コンサルタントに相談できる
  • 保険会社にしばられないから安心して相談できる
  • 無料で相談できる

>>>保険相談でFPを指名するなら【FPのチカラ】

FPのチカラの保険相談を現役FPの私が身分を隠して体験した「本当の口コミ」を見たい方は、保険相談はFPを「あなたが選ぶ」時代に突入!「FPのチカラ」にも潜入捜査してきましたので結果と感想を紹介しますをご覧ください。