先天性心疾患の子どもでも加入できる保険はある?コープ共済「たすけあい」の保障内容と手続き方法

心疾患の赤ちゃん 生命保険の選び方

先日、私が受けた保険相談の中で次のようなものがありました。

  • 子ども(1歳)が先天性心疾患を持っている
  • 保険に加入させたいが保険会社から断られた
  • それでもなんとか保険に加入させてあげたい

地域によって条件は異なりますが、基本的には子どもの医療費は小児医療費助成制度などによって無料となります。

しかし、24時間看護が必要となると親は仕事を休むことになり、収入が減ってしまうこともあります。

そうならないための補てんとして、子どもの保険や共済を考えることも大切になってくるということも覚えておきましょう。

「私たちと同じ境遇の人の参考になれば」ということで、このときに紹介したコープ共済の「たすけあい」という商品について解説したいと思います。

※この記事は、相談者の許可を得て作成しています。

コープ共済「たすけあい」の保障内容と保険料について

コープ共済の「たすけあい」という商品には、子ども専用の「ジュニア20コース」というものがあります。

その中でも、先天性心疾患の子どもでも申込ができる「J1900円コース」というものを紹介します。

以下はその保障内容と保険料(月掛金)をまとめた表です。

加入できる年齢(発効日時点)/性別 0歳~満19歳/男性・女性
保障期間 満20歳の満期日まで
満期以降の継続コース 女性コース・医療コースなどで保障を続けられます。
(詳しくは満期時にご案内します)
加入時の告知事項 告知事項B 告知事項A
(加入条件
ゆるやか)
支払内容/コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
月掛金 1,000円 2,000円 1,900円
病気入院・事故 (ケガ) 入院(1日目から360日分) 日額 6,000円 日額 10,000円 日額 5,000円
事故 (ケガ) 通院(事故日から180日以内 1日目から90日分) 日額 2,000円 日額 3,000円 日額 2,000円
手術
(共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合)
手術の内容により金額が変わります
5・10・20万円 10・20・40万円 4・8・16万円
長期入院
(270日以上連続した入院)
36万円 60万円 30万円
事故後遺障害
(事故日から2年以内の所定の後遺障害状態)障害の程度に応じて金額が変わります
14~350万円 28~700万円 14~350万円
病気死亡・重度障害 100万円 500万円 100万円
事故死亡・事故重度障害
(事故日から2年以内)

上記にプラス
50万円

上記にプラス
300万円

上記にプラス
50万円

親死亡・親重度障害
(扶養者を含む)
4万円 20万円 4万円
扶養者事故死亡・
扶養者事故重度障害

(事故日から2年以内)
100万円 700万円 100万円

このように、死亡保障を多く確保することはできませんが、入院や手術、長期入院となってしまったとき、ある程度まとまった金額を受け取ることができるので、安心して子どもの看護に集中することができます。

スポンサーリンク

コープ共済「たすけあい(ジュニア20コース)J1900円コース」の手続き方法

以下に、コープ共済「たすけあい(ジュニア20コース)J1900円コース」の加入手続きの方法と、健康告知の2つのポイントについて解説します。

コープ共済「たすけあい」の加入手続き方法

コープ共済「たすけあい(ジュニア20コース)J1900円コース」は、今まで申込書類を郵送でやり取りするスタイルでしたが、現在では24時間365日インターネット上で申込手続きをすることができるようになりました。

共済に加入するには、生協の組合員になることが必要で、もしすでに会員の場合にはすぐにインターネットで申込手続きを行うことができます。

もし生協の組合員でなければ、共済申込と同時に生協の組合員になる手続きをインターネット上で行うことができますが、一部生協では書面でのやり取りが必要なところもありますので、詳しくは生協のホームページをご確認ください。

ちなみに、生協への加入の際に500円から1,000円の出資金がかかることも覚えておきましょう。

この出資金については、脱退時に返金されますので無駄になることはありません。

コープ共済「たすけあい(ジュニア20コース)J1900円コース」の健康告知2つのポイント

コープ共済「たすけあい(ジュニア20コース)J1900円コース」は、加入時の健康告知が2つだけで、診査が緩い特徴があります。

実際の告知で聞かれることは次の2つです。

申込日当日における被共済者の健康状態について、「いいえ」または「はい」でお答えください。
1 :現在、入院中ですか?
※入院する日や退院する日に申し込む場合も「はい」となります。
いいえ はい
2 現在、医師から、「今後1年以内の入院または手術」をすすめられている状況ですか?
※実施するか否か、または実施時期の判断を、本人や家族にまかせられている場合も「はい」となります。
※実施時期が未定の場合も「はい」となります。
いいえ はい

※ただし、ひとつでも「はい」があれば加入することはできません

今回のお子さんの場合、手術はすでに終えており、今後は1年に一度の定期検査を継続していくということでしたので(手術をすすめられてはいない)、加入に問題はないと判断できました。

スポンサーリンク

まとめ

以前は保険に加入できない先天性心疾患でしたが、今はコープ共済で告知にあてはまらなければ申込ができることがわかりました。

先天性心疾患の子どもの場合、入院や手術などがひと段落し、経過観察の状態になればコープ共済に申込ができるということは覚えておいて損はないと思います。

ただし、先天性心疾患で告知にあてはまらなくても、他の病気やケガで告知にあてはまることもありますので、そこはしっかりと確認しておきましょう。

また、不明な点などがあれば、必ず手続き前に生協の窓口に確認をすることも忘れてはいけません。

そして、このように先天性心疾患の子どもでも加入できる共済や保険は、今後どんどん発売されると予想します。

今回加入できたとしても、さらに保障内容のよいものや保険料の安いもの、保障期間が長いものなどが発売されたら、積極的に見直しをするとよいでしょう。

もし、なかなか選び基準がわからない、どう調べればいいのかわからないというときは、保険会社に属していない独立系のFPに相談してみましょう。

保険業界歴18年の現役FPの私がおすすめする保険相談は「FPのチカラ」です。
  • FPを自分で指名できる
  • 経験豊富な保険コンサルタントに相談できる
  • 保険会社にしばられないから安心して相談できる
  • 無料で相談できる

>>>保険相談でFPを指名するなら【FPのチカラ】

FPのチカラの保険相談を現役FPの私が身分を隠して体験した「本当の口コミ」を見たい方は、保険相談はFPを「あなたが選ぶ」時代に突入!「FPのチカラ」にも潜入捜査してきましたので結果と感想を紹介しますをご覧ください。