FPって本当に信用できる?その選び方と選んではいけないFPの特徴

信用できるFP 生命保険の選び方

保険の加入や見直しで、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談するケースが近年増えてきています。

ただし、まだまだFPの数自体が少ないためか、本当に信用できるFPを探すことから始めなければいけないという現状もあり、FPに相談することが簡単なことではないイメージがあります。

そこで、信用できるFPとはどのようなものか、保険業界18年の現役FPの私がわかりやすく解説したいと思います。

信用できるFPの選び方

保険の見直しを利用する

信用できるFPに出会うのは簡単なことではありません。

そもそもFPと知り合いだという人のほうが少ないのではないでしょうか。

そこで、もしあなたがまだ信用できるFPと出会っていないのであれば、保険の見直しを通して見つけてみることをおすすめします。

保険の見直しを第三者にお願いすることで、それまでの担当では見えてこなかった問題点が見えてくるかもしれません。

信用できるFPであれば、見直しが必要ない場合には「必要ありません」といってくれますので、安心していいでしょう。

保険相談を利用する

保険相談では、経験豊かなFPが相談に乗ってくれることが多く、効果的に信用できるFPに出会える確率が高まります。

もちろん会ってみたいと判断はできませんが、話をしっかりと聴いてくれて、顧客第一主義を掲げているあなたにぴったりのFPに出会うのであれば、保険相談を利用するのが最も早い方法です。

保険初心者が気をつけたいこと

ただし、あなたが保険初心者であれば、気をつけなければいけないこともあります。

それは、すべてFPのいいなりにはならないということです。

もちろんFPのいうことがすべて正しいのであれば問題ありませんが、少しでも疑問に思ったり、あなたの希望とズレているのであれば、すぐにそのことを伝えなければ見当違いの保険を提案されてしまうかもしれません。

あくまでも、あなたとFPの立場は対等です。

知識や経験が豊富だからといって、すべてを任せてしまうことのないように、自分の保険は自分で管理するくらいの気概を持ちましょう。

選んではいけないFPの特徴

保険ありきのFPは信用してはいけない

すべての不安に保険で解決しようとするFPは信用できません。

そもそも、保険で解決できる問題はごく一部でしかありません。

保険以外にも、証券、外貨建て預金、貯金や預金、節約という手段もあります。

FPの報酬は成果(契約の多さ・大きさ)に応じて支払われますので、保険を売れば売るほど報酬は増える仕組みになっています。

なんでも保険で解決しようとするFPは、それだけ自分の売り上げに繋げたいという思いが強いので、あなたも利用されないように注意しましょう。

話を聴かないFPは問題外

話を聴かないFPは、すでに売りたい保険を準備している可能性があります。

本来であれば、保険は顧客の現状や不安・リスクに応じて組み立てたり、設計するものです。

しかし、自分の話ばかりで顧客の話を聴かないFPは、相手の現状などお構いなしで売りたい保険を提案してきます。

話していてつじつまが合わなかったり、どうしても納得できない場合にはしっかりと断り、それでもしつこく営業されるときは、そのFPと連絡を取るのをやめましょう。

ミスが多いFPは選んではいけない

ミスの多いFPは、あなたが困ったときに迅速に動いてくれない可能性があります。

書類のミス、連絡のミス、前回と話が違うなど、一度のミスであれば誰にでも起こることかもしれませんが、何度も同じようなミスを起こすFPの提案する保険には加入しないほうが良いでしょう。

もしそのFPが最高の提案をしたとしても、そのFPからではなく別のFPからそのプランで加入することに何の問題もありません。

大切なのはあなたに合ったFPを選ぶこと

保険選びで大切なのは、あなたが本当に安心できる保険に加入できるかどうかです。

あなたに本当に必要な保険を選ぶためには、信用できるFPに相談できることは大切な基準のひとつになります。

信用できるFPの特徴と、信用できないFPの特徴をしっかりと確認して、あなたが本当に安心できる保険に加入できることが一番です。

そのためにも、あなたに合ったFPをしっかりと探し出してください。