生命保険の見直しをすると今まで払ってきた保険料がムダになるって本当?

家計 生命保険の選び方

「でも、見直しをすると今までの保険料がムダになってしまうんじゃない?」

生命保険の見直しが必要な方の中で、このような不安を持っている方が多くいます。

そして、長く保険を続けていればいるほど、こう思われるケースをよく目にします。

では、本当に生命保険の見直しをすると、今までの保険料がムダになってしまうのでしょうか?

見直す保険が掛け捨ての保険だったときは、1日でも早く解約したほうがムダが少なくすみますが、貯蓄性の高い商品だったらどうでしょうか?

このページでは、その答えを現役FPである私がわかりやすく解説します。

今、どうしても保険の見直しをしようか迷っているという方はぜひご覧ください。

合理的に見直しをすればムダがなくなりメリットのほうが大きくなる

結論からいえば、合理的に見直しをすればムダがなくなり、見直しをすることのメリットのほうが大きくなります。

ポイントは3つです。

  • 適正な保障内容に見直せばトータルで保険料の支出を減らせる
  • 解約すると損をするなら払済保険を利用する
  • 解約返戻金を一時払いの商品などにあてる

適正な保障内容に見直せばトータルで保険料の支出を減らせる

まず、必ず加入している保険の保障内容が適正なものかどうかを確認します。

必要保障額、公的保障、加入している保険の保障内容、それぞれを照らし合わせて過不足がないかを確認し、必要のない保障があればカットします。

その結果、毎月の保険料が3,000円節約することができれば、年間で36,000円、10年で36万円、20年で72万円の支出が減らせて、その分を貯金や生活費にあてることができるようになります。

解約すると損をするなら払済保険を利用する

特に終身保険などの貯蓄性の高い保険の場合、払込の途中で解約をすると損をしてしまうことがあります。

解約をして損をしてしまうことが嫌な場合、払済保険への切り替え手続きをして、保険料の支払いのみをストップし、解約返戻金を据え置くこともできます。

その場合、解約返戻金は低い利率で運用されることになり、時間をかければ支払った保険料総額に近づけることもできる可能性がありますので、解約をして損をしたくないという方におすすめです。

ただし、一度払済の手続きをしてしまうと、契約を元に戻すことはできませんので注意が必要です。

解約返戻金を一時払いの商品などにあてる

解約返戻金の全部もしくは一部を一時払いの商品などにあてて、時間をかけて運用するという方法もあります。

解約をしたとき一時的にはマイナスでも、一時払いの商品などにその解約返戻金を保険料としてあてて、保険期間中に少しでも殖やすことが期待できます。

このとき、変額商品や外貨建て商品に加入するときは、解約返戻金額が変動したりマイナスになる可能性がることも必ず確認しましょう。

合理的な見直しをしたいなら保険の専門化であるFPに相談することがおすすめ

合理的な生命保険の見直しをすれば、効果的にムダを省くことができます。

しかし、どのように合理的に見直しをすれば良いのでしょうか?

生命保険は奥が深く、専門知識が必要ですから、保険の専門化に相談することをおすすめします。

保険相談をするなら保険会社の営業マンよりも代理店のFPがおすすめ

保険相談は、保険会社の営業マンにもすることはできますが、あまりおすすめはできません。

なぜなら、保険会社の営業マンは自社の保険商品しか扱うことができず、選べる商品の数が少ないからです。

その点、複数の保険会社を扱うことができる代理店であれば、相談内容に応じて、もしくはあなたの性別や生年月日、希望の保障内容に応じて適正な保険会社の商品を扱うことができるので、選択肢の幅が広がります。

同じような保障内容でも、保険会社が異なれば保険料にも差が出てきますので、保険相談をするなら、保険会社の営業マンよりも代理店のFPがおすすめです。

現役FPがおすすめする保険相談は「保険ランドリー」

ムダなく生命保険の見直しをするなら、保険相談を利用することが最も効果的です。

保険相談は代理店に所属しているFPが担当してくれるところが一般的で、何度でも納得するまで無料で相談できるだけでなく、気に入った保険があれば切り替えることもできます。

そんな中で、保険業界18年の現役FPである私がおすすめするのは、「保険ランドリー」が展開する保険相談です。

>>>無料の保険相談なら【保険ランドリー】 

なぜおすすめかというと、次の3つのポイントがあるからです。

  • 経験豊富な保険コンサルタントに相談できる
  • 保険会社にしばられないから安心して相談できる
  • 無料で相談できる

そして、実際に私が自分の身分を隠して保険相談を受けてみて、「これなら安心しておすすめできる」と判断したからという理由もあります。

私のおすすめの保険相談をぜひご利用ください。

まとめ

生命保険の見直しをすると、今まで払った保険料がムダになると不安になる方もいるでしょう。

それが掛け捨ての保険であれば、1日でも早く解約することをおすすめします。

もし貯蓄性の高い保険であれば、トータルで考えてムダがなくなるように見直しを進めてみましょう。

そのときは、保険相談を利用することをおすすめします。

保険業界歴18年の現役FPの私がおすすめする保険相談は「FPのチカラ」です。
  • FPを自分で指名できる
  • 経験豊富な保険コンサルタントに相談できる
  • 保険会社にしばられないから安心して相談できる
  • 無料で相談できる

>>>保険相談でFPを指名するなら【FPのチカラ】

FPのチカラの保険相談を現役FPの私が身分を隠して体験した「本当の口コミ」を見たい方は、保険相談はFPを「あなたが選ぶ」時代に突入!「FPのチカラ」にも潜入捜査してきましたので結果と感想を紹介しますをご覧ください。