保険が売れている営業マンは絶対に使ってる!清潔感を保つおすすめグッズ10選

清潔感 保険の営業マンにおすすめのグッズ

保険が売れている営業マンに必要なことは、傾聴力、提案力、決断力などがありますが、これらの能力は持って生まれたものや、経験を積むことで身に付くものばかりです。

しかし、清潔感は経験の有無に関わらず、誰でも身に付けることができるものです。

清潔感のある営業マンは、第一印象で断られる確率をぐっと下げて、次のアポイントを取る確率をぐっと高めることが自然とできています。

これは、あなた自身が思っている以上に大切なことで、清潔感の「ある・なし」で契約の成約率が大きく変わるといっても過言ではありません。

そこで、このページでは、

  • 清潔感のない外回りの保険の営業マンの成約率が下がる3つの理由
  • 清潔感で成約率アップ!外回りにおすすめのグッズ10選

を紹介しますので、明日からの保険の営業に生かして成約率をアップさせてみてください。

清潔感のない保険の営業マンの成約率が下がる3つの理由

では、なぜ清潔感のない保険の営業マンの成約率が下がるのでしょうか?

保険業界で18年生き残ってきた現役FPの私が、3つの理由を通して解説したいと思います。

仕事ができない印象に見られる

清潔感のない保険の営業マンは「仕事ができない」と思われます。

理由は簡単です。

人前で、将来のお金の話をするとき、普通の考えなら「自分を信用してほしい」という気持ちから、身なりを整えたり、資料をきちっと作ったり、言葉遣いに気をつけたりするからです。

この当たり前のことすらできない、清潔感のない自分を相手に見せても構わないと思わせる営業マンは、相手に信用してもらおう、話を聞いてもらおうという基本的な姿勢すら拒否しています。

こんな営業マンに、相手との信頼関係が重要な保険の仕事ができると思いますか?

雑な仕事をしそうに見られる

清潔感のない保険の営業マンは「雑な仕事をする」と思われます。

保険の営業は顧客の見えないニーズをくみ取り、それを形にして見せ、あるべき理想へと導くことが仕事です。

「あるべき理想」とは、曖昧なものを整理整頓して、ある意味でその見栄えを良くする作業のようなものです。

大切な商談相手と会うのに、自分の身なりにすら気をつけることができない清潔感のない営業マンに、大切な保険を任せようと思いますか?

二度と会いたくないと思われる

これが一番決定的なことです。

清潔感のない保険の営業マンには、第一印象で二度と会いたくないと思われてしまうのは当然のことです。

よれよれのスーツ、しわしわのワイシャツ、黒く伸びた爪、ぼさぼさの髪の毛、臭い口臭、保険の営業マンでなくても二度と会いたいとは思わないでしょう。

清潔感のない保険の営業マンは、提案どころか次のアポイントさえ取れなくなりますので、成約率が下がるのは当たり前です。

スポンサーリンク

清潔感で成約率アップ!外回りにおすすめのグッズ10選

清潔感があるだけで、見た目の第一印象は驚くほど良くなります。

「人は見た目が9割」という本にもありますが、それだけ清潔感のある第一印象は保険の営業マンにとっても大切だということです。

そこで、成約率アップに繋がる外回り営業にも使える、おすすめの清潔感アップグッズを10個紹介紹介します。

ミント系タブレット

ミント系タブレットは持ち運びやすいコンパクトサイズなので、必ずポケットやバッグにひとつ入れておきましょう。

特にタバコを吸う人やコーヒーを飲む人は、必ず顧客に会う前に口に含んでおきましょう。

根本的な口臭対策にはなりませんが、一時的に口臭をシャットアウトするのに役立ちます。

マウスウォッシュ

マウスウォッシュは、ミント系タブレットと同じく口臭対策として準備しておきましょう。

経験からいえば、マウスウォッシュはミント系タブレットよりも効果的で、その効果も長く続きますので、小さなボトルをバッグの中に忍ばせておくと良いでしょう。

ただし、うがいをした後の液を吐き出すときは、周りの迷惑にならないように気をつけましょう。

携帯電動歯ブラシ

商談がお昼ご飯の後にある場合や、夜遅くにある場合、営業マンは歯磨きをすることは当然のことかと思います。

そんなときにおすすめなのが、携帯電動歯ブラシです。

1日1回2分ずつ使っても約3ヶ月も使い続けることができ、音波振動で歯の汚れやニオイもきれいに落とすことができます。

男性でも女性でも使いやすいタイプのパナソニック製の「ドルツ」が今一番のおすすめです。

手鏡

手鏡を持っているのは女性だけという認識は間違いです。

男性の営業マンでも、風で乱れた髪の毛をセットし直したり、ネクタイの乱れを直したり、鼻毛が出ているかどうかをチェックすることはあります。

窓ガラスに映った自分を見て確認することも外回り中にはあるかもしれませんが、そんなときに颯爽とバッグから手鏡を出してチェックすれば、スマートな営業マンという印象をアピールすることができます。

清潔感を徹底するためには、こまめに手鏡で身なりをチェックすることを忘れないようにしましょう。

整髪料、くしなど

整髪料は、家を出る前だけ使うものではありません。

雨に濡れて髪の毛が乱れてしまったとき、風でボサボサになってしまったとき、そのまま顧客の前に現れる営業マンはいません。

必ず一度トイレに入り、整髪料とくしで髪の毛を整えるようにしましょう。

油とり紙

緊張して汗が出る、額が脂汗でギトギトになる。

そんな営業マンは、顧客に会う前に必ず油とり紙で顔についた余計な油を落として、さっぱりスッキリした顔で商談に臨みましょう。

特に女性の顧客と会う男性営業マンは、必ず顔のギトギトをチェックしておきましょう。

制汗スプレー

走って交差点を渡ったり、満員電車で汗びっしょりになったりして、そのままにしておくと汗のにおいが何とも言えない臭いにおいに変わります。

そのにおいのまま顧客の前に現れたりすれば、顧客はそのにおいに話を聞くどころではなくなり、「とりあえず断ってしまいたい」とあなたの提案をすぐに断ってその場から逃げたいと思うでしょう。

せっかくの商談の場をダメにしないためにも、汗の処理は営業マンの基本中の基本です。

ムダ毛カッター(エチケットカッター)

あなたは話している相手の鼻から鼻毛が出ていても気にならずに話に集中することができますか?

ほとんどの人が「鼻毛」に意識が集中してしまい、話半分になってしまうのではないでしょうか?

これは、営業マンにとっては致命的です。

せっかく準備した提案を、鼻毛一本で台無しにしてしまう可能性があるということを考えたら、絶対に見逃したくないエチケットです。

おすすめは、電動の鼻毛カッター(エチケットカッター)で、15cmとコンパクトなボディでバッグやポケットに忍ばせておけば、大切な商談を台無しにすることもありません。

靴の消臭スプレー

できない営業マンがおろそかにすることのひとつに「靴のにおい」があります。

玄関先で靴を脱ぐとき、それまでずっと履いていた靴のムレたにおいが、顧客の家を汚してしまうことに頭が回らない営業マンを顧客はしっかりと見ています。

「臭い」といわないかわりに、あなたの提案に「NO」をつきつけるでしょう。

あなたの提案力以外の原因で「NO」といわれないためにも、靴のにおいには気をつけるようにしましょう。

おすすめは「ドクターショール」の靴スプレーです。

シュッとひと吹きすれば、たちまちムレたにおいも消えていきますので、バッグに1本備えておきましょう。

スタイルガード

あなたは、しわのついたワイシャツやジャケットで顧客の前に出れますか?

焼肉やタバコのにおいのついたワイシャツやタバコで顧客の前に出れますか?

そんなときにおすすめなのが「スタイルガード」です。

スタイルガードには、しわ取りの効果や消臭効果があるので、シュッとひと吹きするだけでピシッとした営業マンの出来上がりです。

あなたのその恰好は意外と人に見られているということを覚えておきましょう。

まとめ

保険が売れている営業マンに共通していることのひとつに「清潔感」があります。

清潔感は、経験の有無に関わらず、新人でも気をつければ立派な営業マンに見える効果がある基本的なことです。

しかし、この基本的なことが実は重要なポイントで、しかもこれができている営業マンは意外と多くはないのが現状です。

保険が売れている営業マンとそうでない営業マンの違いは、実はこういった基本的なことができるかにかかっています。

あなたは清潔感のある営業マンですか?

もし今自信がなかったとしたら、このページで紹介したアイテムを使って清潔感を保てるように改善していきましょう。